さらに症状が悪化してしまうと、尿毒症となり、重度の場合は痙攣や震えが起こることもあります。

3

やってよかったと思う場合とやらなきゃよかったと思う場合と、とても判断が難しいと思います。 午前中の軽い痙攣とは違い明らかに痙攣と分かるレベルです。

3

利尿剤の副作用やフードにも摂取してはいけない物もあるのに、薬に頼りっきりで自分で何も調べようとしなかった自分を責め、その後は療養食に切り替え補液と薬による治療 強心剤が一錠増えました で、どんどん具合が良くなってきていました。

11

そんなことを必死で考えた数日間の記録をまとめます。

15

ボンヤリと元気がない時はともかく、回復してきた(でも自分で水を飲まない・食事拒否)時は嫌がって暴れるのでプラスチックのシリンジだと口を傷つけそうですが、先端にチューブをつけておけばそのような怪我は防げます。 通常、皮下補液をしたあとは半日~1日程度で吸収されますが、吸収がされない場合、過剰な水分が浮腫みとして現れます。

11

2018. 浮腫んだ箇所は冷えやすいため、循環が滞り、老廃物の排泄がスムーズに行えなくなったりするだけでなく、代謝の低下や免疫力低下にも繋がります。

11