十津中の板前:• 歌手:• 警官:• これには続編もあり、昭和51年(1976年)10月~昭和52年(1977年)4月に放映されました。 愛嬌があってルックスも申し分ないが、の頭領の娘であるため気が強い。 ( ) - 主演の平成版『前略おふくろ様』。

14

昔は「深川小町」と呼ばれた美人芸者だった。 タイトルは萩原演じる主人公が母親宛に書き綴るの冒頭(冠省)部分であり、劇中のナレーションも萩原がその手紙を読むという形になっている(このナレーションの手法は後の『』にも採用された)。 3』 VPXX-71127 ¥9,000+税 約405分 VPXX-71128 ¥9,000+税 約405分 VPXX-71129 ¥8,000+税 約360分 カラー、モノラル、リニアPCM、片面2層(BD50G)、4:3 pillar box(1080i High-Definition) カラー、モノラル、リニアPCM、片面2層(BD50G)、4:3 pillar box(1080i High-Definition) カラー、モノラル、リニアPCM、片面2層(BD50G)、4:3 pillar box(1080i High-Definition). 連れの男:• 主演は萩原健一、カルトドラマとなった「傷だらけの天使」(1974年〜75年)の主演を経て、ふたたび伝説となるドラマへの出演となった。

中年の男:• 屋台のおやじ:北島和男 第23回• 前略おふくろ様 お元気ですか. 正:小原秀明• 秀次や政吉からは「サブ」、かすみやミツ子からは「サブちゃん」、海や利夫からは「お兄ちゃん」と呼ばれる。 取材の人たち:、• しかも、それは1日だけではなく、それが日常、毎日の活動です。 田上源兵衛:堀雄二• まさに、その年代の桃井かおりさんです。

5

老人:• 加東はテレビ局で働いており、それが縁で半妻たちはドラマ(主演は・本人役)に出演することになる。 木下の伯母:、• 経済的な事情から益代の面倒を見きれず、兄弟それぞれの家をたらい回しにする。

11

岡野かつお: - 海の弟で山形の高校生。 青山でも六本木でもない、東京1丁目の1番地の住人になったというのがそのときの感想だ。 元ヤクザで、渡辺組の猛者連中からも一目置かれる存在。

3

悩み多き時代、1つの道に賭けて、精進できるかどうかは、かなり重要です。 料亭のお仕事、板前さん、仲居さん、すごい短期集中の重労働をすごい勢いでこなしてゆかれるのにも感心させられます。 アパートの管理人:木田三千雄• 小沢:• また物事の本質を見抜く確かな目を持っている。

18

三郎と付き合うことになるが…。 撮影当時を振り返り「倉本聰さんとしょっちゅう電話で話し込んでいました」と密度の濃い時間を過ごしたと明かしていた。 賄婦:、、• 僧侶:、、 第9回• 厳格な性格のため海からは嫌われている。

15

さほど愛してもいない海を妊娠させることになるが…。