コストパフォーマンスで選ぶならPavilion Power 15 2020年1月現在では最新モデルの Pavilion Gaming 15クリエイターモデル になります。 データ量が多いためメモリを多く消費しますし、編集作業の時にもメモリが多くあった方が作業が快適に進みます。

メモリなんか後から増設すれば良いでは無いか、と思われるかもしれません。

18

記事でも解説しましたが、必要スペックについてもう一度おさらいしておきましょう。

7

GPUのメモリが6GB以上• また、これらにはそれぞれ種類があり、 動画編集の場合は最低でも「NVIDIA GeForce GTX1660」「AMD RadeonRX 5600 XT」が搭載されているものが良いでしょう。 グラフィックス:GeForce RTX 2060 6GB• MacBookの「Retinaディスプレイ」や4K対応ディスプレイなど高精細表示に対応したディスプレイでは、単に画質がきれいなだけではなく、画像・動画の輪郭や文字がくっきり表示されるのも特徴。

6

すぐれた冷却性能や高性能プロセッサ、メモリ、大容量のストレージ搭載で思う存分にゲームや動画編集に取り組めます。 Windows 最も利用されているOSがMicrosoft社の「Windows(ウィンドウズ)」になります。 マウスコンピューターは日本のメーカーという安心感もありますし、わたしも2台マウスコンピューターのPCを使っていますが、特に故障することなく使えております。

動画編集• 512GB SSD• 現状、ノートパソコンを注文する時に、SSHD搭載にして注文できるモデルは少ないです。

16