〈トロッコ〉は鉄を5つ〈レール〉も6つの鉄を消費することになり、〈加速レール〉には金が6つ必要です。 かまど付きトロッコ かまど付きトロッコは燃料を入れると他のトロッコを押したり、他のトロッコを連結させて牽引させたりすることができます。

19

基本的に分岐点は2方向しか切り替えることができません。 ただし当時は の概念がなかったため常時オンとなっていた。 トが上を通れるだけで特にアクションはなし! 他のレールと違い、レールを曲げたり分岐させたりできます。

16

レール全4種類の使い方 レールにもいくつかの種類があり、パワードレールなどは上手に利用すれば、プレイヤーの操作なしでトロッコ移動をすることができます。

1

時間はステータス効果を持っていないプレイヤーが使用するエンチャントされていない道具とし、単位は秒とする。 オフ状態のアクティベーターレールの上を通過すれば、再びアイテムの収集を行う。 乗り込みました。

14

廃坑も深い層に生成されていることが多いため、これも洞窟探検が必須となるでしょう。 しかし、ハーフブロックの上に敷くと途切れてしまうので注意しましょう。

20

全てに設置したレーンと同じ速さでゴールに到達するレーンを確認 検証結果 間隔を32以下(普通のレール32、パワードレール1)もしくは36(普通のレール36、パワードレール1)にすると、最高速度もしくはそれに近い速度を保ったまま走行できるということがわかりました 今まで29の間隔で設置していたのですが問題なさそうですね 結果が変にバラついているのが気になりますが、何回か確認しても同様でした どうやらトの速度変化が1tickごとに起こることから、パワードレールをタイミング良く設置しないと十分に加速されないようです 効率よく加速させるためにはトとパワードレールの配置を最適化する必要がある。 6番目は失敗例です。 パワードレールは南北もしくは東西方向で、最大で毎秒8ブロックまでトロッコを加速させることができる。

19

そのトロッコはレール下のホッパーから、パワードレール下のディスペンサーに収納されます。 レッドストーン回路への利用 [ ] 「」も参照 アクティベーターレールは、その上を通過したトロッコに影響を与えることができる。 何となく、モノづくりしている実感がじわじわ味わえます。