持ち物、服装の確認 受験当日の持ち物については、慌てないように前日までに準備をしておきます。 直前まで根詰めすぎて、当日体調を崩して万全で臨めないという事態にならないように、 体調管理は徹底しましょう。 緊張でごはんが喉を通らない受験生でもスルスルと箸が進むのでオススメです。

15

一目見て残りの時間が分かりにくいとか、デジタルは音が鳴るかもしれないとか、いろいろあるみたいですが、受検には針がついたアナログ時計が定番。 お昼ご飯の用意をしてから、お迎えに行きました。

2

逆に直前の準備が不足していると、入試中や入試後に後悔が残り、後味の悪い経験になってしまいます。 5時間程度勉強すれば十分ですので、翌日に備えて早く就寝しましょう。 数年使ってボロボロにして教科書や単語帳を見るのが、 おすすめです。

11

それは「一つ一つの確認事項に時間を掛けない」ということです。 自宅から遠い受験会場の場合、ホテルに宿泊することが一般的です。

そこで移動中にやってほしいのが、 会場到着後の流れのシミュレーションです。 受験生にとっては 「当たり前のこと!」と思うかもしれませんが、受験前日にそわそわして緊張すると、意外に当たり前のことができないこともあります。

1

入試前に少しだけ頭を使っておけば、入試開始と同時に頭をフル回転させられます。 外に出て新鮮な空気を吸うと、疲れが取れます。

3

集中すると頭が熱くなって汗をかくかもしれない、机が少し傾いているからシャーペンが落ちやすいかもしれない、隣の席の人が机を揺らしてくるかもしれない……。

8

…おっと! 目覚まし時計をセットするの忘れていた! 危ない危ない。 ただし、簡単になくすことの無いようにチャックが付いているポケットなどに入れておきましょう。

12