例えば夜になると白い服でも積極的に攻撃されることがあり、これは色のコントラストを識別してのものと考えられる。 研究チームにより、ハチの体組織に含まれている色素に光を当てると発電することが確認された、そのしくみも明らかになったが、なぜ発電する必要があるのか、何に利用されているのかが謎ということです。

17

このことが、飼育群からの分蜂による野生化が毎年あちこちで発生しているにもかかわらず、セイヨウミツバチが日本で勢力拡大するのを防ぐ要因になっている。 世界のスズメバチ > > 世界のスズメバチ事情 世界のスズメバチ事情 スズメバチの仲間は世界で4属67種が知られています.内訳はスズメバチ属23種,クロスズメバチ属22種,ホオナガスズメバチ属19種,ヤミスズメバチ属3種となっています. スズメバチはローラシア大陸(後にユーラシア大陸と北アメリカ大陸に分かれる)で誕生したと考えられています.そのため,南米大陸,アフリカ大陸南部およびオーストラリア・ニュージーランドには生息していませんでしたが,現在では人為的に導入されたり侵入した個体が各地に定着し分布を拡げています. スズメバチ属の分布の中心は中国南部(22種が生息)からヒマラヤ東部(17種が生息)にかけてで,大型のスズメバチ属 Vespa が多数を占めています.ユーラシア大陸北部にはモンスズメバチ Vespa crabro がヨーロッパまで広範囲に生息しています.この種は森林害虫駆除の目的でアメリカに導入され,北西部を中心に分布しています. また,オリエントスズメバチ Vespa orientalis がインドから地中海沿岸地方にかけて分布し,唯一アフリカ大陸に生息する種となっています.最近になり日本への侵入が話題となっているツマアカスズメバチ Vespa velutina が物資の移動に伴ってフランス国内に侵入し,その後ヨーロッパ各地へ急速に分布を拡大しています. ヨーロッパやアメリカなどの都市部で多発し問題となっているのは,これより小型のクロスズメバチ属 Vespula とホオナガスズメバチ属 Dolichovespula の仲間で,中でもヨーロッパクロスズメバチ Vespula germanica とキオビクロスズバチ Vespula vlgaris の2種類が問題となっています.アメリカではヨーロッパから侵入したヨーロッパクロスズメバチが,人家に営巣することや,幼虫の餌を極めて高い割合で人間の食物に依存することから,刺傷被害が多発し大きな問題となっています. オーストラリアやニュージーランドでは,ヨーロッパクロスズメバチやキオビクロスズメバチが,原産地のヨーロッパとは異なり,多数の女王バチからなる多年生の巣を作るようになりました.最大規模の巣では巣盤数180段,成虫数300万頭~400万頭という信じられないくらいの巨大な巣を作り大きな問題となっています. また,スズメバチが生息していなかったハワイでは,北米大陸から侵入した Vespula pensylvanica が巨大な巣を作り,刺傷被害も多発して大きな問題となっています.これらの種は黄色と黒の縞模様を持つことからイエロージャケット(yellowjackets)と呼ばれており,分布の中心はスズメバチ属に比べて北方に偏っています. その他,東南アジア(タイ,ベトナム,マレーシア,インドネシアなど)には夜行性のヤミスズメバチ属 Provespa の仲間が分布しています.この仲間は前記の3属とは異なり,ミツバチのように分蜂で巣を創設することが知られています. アメリカのスズメバチについてもっと詳しく知りたい人は 画像が豊富な下記のサイトがおすすめです.. 2013年9月17日閲覧。

3

日本のハチにもシマがあるのを見たことがあるのではないでしょうか。 これは終齢幼虫減少期における炭水化物もしくは蛋白質源として重要な餌となっていると考えられている。

12

オリエントスズメバチによる発電効率はわずか0. ハチは毒針を上向きにして仰向けで死んでいることが多く、たとえ死体が腹部のみであっても触ると反応して刺してくることがあるため、注意して扱う必要がある。

1

1匹のを中心とした大きな社会を形成し、その防衛のために大型動物をも襲撃する。 また一部は好戦的な性格であるため、攻撃目的で刺してくることもある。

例外としての寄生した働き蜂は、労務に加担せず、越冬も行う。 変換効率は、市販の太陽電池には比べるべくもない、0. 多くは平地の森林や畑、河川の土手等の土中に多層構造の巣を作り、6月ごろから羽化をする。

5

この栄養液の不足分や終齢幼虫がまだ育っていない時期にはを多く含む花蜜、樹液などを摂取している。 蝿や蚊などの式で駆除することも可能だが、ハチには効きにくく、弱って息絶えるまでに長時間かかる上、却って激しく飛び回るので、数秒間ある程度の距離(1-2m)をとり、直接数秒間噴霧した直後は室内を完全に締め切り、弱って動きが全くなくなるまで現場を離れることで被害を大幅に防ぐことが可能である。

ヒトを含む大型哺乳類の弱点が黒色部分(や耳孔など)であることから、黒色あるいは暗色部分を識別することによって攻撃行動を活発化させる行動特性を刺激するという説もある。

6

井上秀雄、萩原健一、中嶋暉躬「パターン分析によるチャイロスズメバチとキイロスズメバチ及びモンスズメバチの毒嚢抽出成分の比較」『衞生動物』第44巻第4号、日本衛生動物学会、1993年12月15日、 307-313頁、。 雄は毒針を持たないので刺すことは無いが、威嚇のため刺す姿勢だけは取る :48。

17