加工されているものなら国産を選んだ方が良いでしょう。 アクを抜く作業を忘れてしまうと、臭いやぬめりがたくさん残ってしまいますので、必ずやっておきたい作業だと言えます。 むくみはほうちするとセルライトを作る原因にもなりますから、その日のむくみはその日のうちに解消することが大事です。

またタンパク質の分解を進める効果もあります。 ムチンにはたんぱく質や脂質の消化を促進したり、肝機能を高める働きも期待されているからです。 メラニンの生成を防いでシミを予防する働きもあります。

16

胃もたれや胸焼けに レンコンの粘り成分であるムチンは、胃腸を整えてくれるため胃や胸焼けにも効果的です。

19

免疫力を高めて風邪の予防にも役立ちますし、なんといっても美肌効果。 そのまま食べる以外にもハンバーグのかさ増しに刻んで入れるなど、工夫次第で他の料理のカロリーオフにも役立ちます。

カルシウムは骨や歯を形成するための栄養素であり、骨粗しょう症予防にもつながり、骨を丈夫にしてくれるといわれています。 高血圧の予防・改善や、 筋肉の働きをよくします。

花粉症や喘息の人は、一日40gほど(二切れくらい)のレンコンを毎日続けて食べていると、症状がだんだん軽くなってくるそうです。 古くから蓮根が滋養強壮に良い食材と言われているのも、胃腸粘膜保護や消化吸収向上によるところが大きいと考えられます。

14

鮮度や食べられるかどうかを言葉で表現するのは難しいのですが、上記のような変色や粘りではなく、指で押して一定の固さがあるか(柔らかくなっていないか)、カビなどが生えていないか、嫌なニオイがしないかなどで、総合的に判断するのが良いと思います。

6

山芋やオクラ、モロヘイヤなどの粘り成分も同じムチン。 上手な選び方は、ずんぐりと丸みのある形のもので、まっすぐな物を選びます。 レンコンをおいしく食べよう! レンコンはお正月料理の定番ではありますが、夏バテしやすい夏にも食べることもおすすめします。

6

現在のレンコンとは異なりますが、在来種の栽培も奈良時代から行われていたと考えられています。 野菜の中でもずば抜けてレンコンに多いですが、熱に弱く水溶性のためあく抜きや長い時間加熱するのは避けた方がよさそうですね。