自分のゆうちょ銀行の口座に預け入れしたいけど、やり方が良く分からなくて・・・ 預け入れの方法を忘れてしまった方、これから初めて預け入れをする方にも分かりやすいように、「ゆうちょ銀行への預け入れの方法」を説明していきます。

1

平日の15時以降および土・日・祝日に受付した翌平日窓口営業日扱いのお振り込みは、受付日のご利用金額に含まれます。 ほとんどの銀行では、1日あたりのATM利用限度額が「ATMで引き出しの場合は50万円、ATMで振込の場合は100万円」とされており、1度に100万円までしかATMで振込できない仕組みになっている。

3

土日祝日でも稼働しているATMが多く、お出かけのときにお金を引き出したくて立ち寄る人もいると思います。

14

これより多くしたり、 逆に減らしたりすることができます。 。 金融機関ごとの1日あたりの振込限度額 繰り返しになりますが、現金による振込みではATMでの振込限度額や、銀行窓口での本人確認書類の提示が義務付けられているなどの制約がありますが、預貯金口座からであれば従来通りの方法で送金することが可能です。

7

三井住友銀行 ・通常の磁器カード:合計100万円 ・ICチップ付きカード:合計100万円 ・生体認証カード:合計1000万円 みずほ銀行 ・通常の磁器カード:合計100万円 ・ICチップ付きカード:合計200万円 ・生体認証カード:合計200万円 三菱東京UFJ銀行 ・通常の磁器カード:合計100万円 ・ICチップ付きカード 生体認証なし :合計100万円 ・ICチップ付きカード 生体認証あり :合計200万円 セブン銀行 ・通常の磁器カード:合計50万円 ・ICチップ付きカード:合計200万円 イオン銀行 ・通常の磁器カード:合計50万円 ・ICチップ付きカード:合計50万円 ゆうちょ銀行 ・初期設定の場合:合計50万円 このように、 メガバンク3行は通常は 約100〜200万円、 その他の銀行やゆうちょ銀行などは 約50万円〜200万円が ATMから一度に振込を できることが分かります。 実は簡単に調べる方法があります。 ただし、預貯金口座からの振込みであっても各金融機関ごとに【1日あたりのご利用限度額】というものが設定されており、その金額を超える部分での振込みはできないようになっています。

12

店舗により、お取り扱いの条件が異なる場合がありますので、詳しくは、店頭でご確認ください。

7

また同じ金融機関であっても、ATMでの振込みとインターネット・バンキングなどを利用した振込みでは【1日あたりのご利用限度額】が異なるようですし、ICチップ認証タイプや身体認証タイプなどといった、キャッシュカードの種類の違いによっても振込限度額が異なっています。

16

詳しくは店舗備え付けの各種キャッシュカード規定と「みずほICキャッシュカード特約」をご覧ください。 次のお取引は、お振り込みのご利用金額に含まれます。 <当行本支店あて> 平日18:00以降、土・日・祝日、12月31日~1月3日受付分は「当日扱い」「翌平日窓口営業日扱い」いずれかの選択となります。