先代首領のころからの古株。 そこに現れた彼の相方・ の話によると、二人はやでは解決できない危険な依頼を専門にする特殊能力集団 「」の社員で、町の田畑を荒らす 虎捜しの真っ最中だという。

8

探偵社が濡れ衣を着せられマフィアに保護された後、鷗外が社員移籍の話を切り出すと鷗外の目的は自分と見抜き、彼に食ってかかる。 また、舞台がになったことについては作画担当の春河が自分が横浜の出身であるからとのこと。 彼がこれを異能だと信じ込んでいたのは、自分が特異ではないと思いこみ、世間と自分との間にある齟齬に押し潰されそうだった彼を救うべく「お前のそれは異能だ」と述べた福沢の言葉からである。

14

嫌いな物は自分自身・昔いた孤児院。

11

パンツスーツを着こなす美女。

6

黒と白の2色の髪に小さい帽子を載せているのが特徴。 だが異能を所持しているかどうかは不明であり、特番雑誌の紹介欄では[なし]ではなく、[???]と、文豪ストレイドッグス公式ガイドブック『深化録』には「異能力も卓越した戦闘術も持たないが…」という記述がある。

三社戦争が始まると太宰と行動を共にするが、太宰と別れた直後ナオミや春野と合流した際にQの異能を受け、駆けつけた太宰に救われる。 能力名はキャラクターと同名のアメリカの文豪、ハワード・フィリップス・ラヴクラフトの小説をもとに体系化された、およびその設定を共有し書き継いだ作家たちの作品群に登場する、かつて地上を支配していたと設定されている太古の神々に由来している。 能力名はキャラクターと同名の文豪、国木田独歩の筆名の一つから。

14

紅葉に阻止され斬られそうになるが、鏡花に助けられた。

17