つまり、達成したい目的があるため、あえて怒りの感情を自分で選んで発生させているのです。 「もっと日本人は怒ったほうがいい!」と、それも、テレビの前や雑誌のエッセイで、「キレ芸」をみせている文化人的にではなく、もっと実践的かつ効果的な「怒りかた」を指南してくれています。

ますます好きになります」「そんなお二人のお人柄、画面を通しても伝わります」「私も誰かをグーしたいと思ったときは、このエピソードを思い出します」「なんだかジーンとして泣けてきました」と感動しているようだ。

6

その結果、怒りのスパイラルにハマってしまい、日常的にイライラする…何か嫌なことがあると、すぐにキレてしまう…という事態になってしまうのです。

アニメ・漫画• 客観視する状態で止まる人もいますが、この能力が高まれば高まるほど、感情や行動を自在にコントロールできるようになります。 え?誰でも怒りのコントロールをしているんですか? 誰でも日常的に行っている怒りのコントロールとは? 例えば、子どもに対していつも怒る人、家族にイライラをぶつける人も、実は日常的に怒りのコントロールをしています。

14

アドラー心理学の怒りの感情の目的論とは? アドラー心理学は、フロイトやユングに並ぶ心理学の三大巨頭の一人、アルフレッド・アドラーが提唱した個人心理学です。

7

著者は、「叱りかたの三原則」として、「まじめな顔で」「すぐに」「具体的に」の三つを挙げて、それぞれ例をあげながら噛んで含めるように説明しています。 家族、恋人、子ども、後輩、はたまた町で偶然出会った気の弱そうな初対面の人、等々…。 の(45)と・との心温まるツイッターでのやり取りが反響を呼んでいる。

その状態になるとメタ認知能力が高い状態になり、怒りのコントロールが以前よりも、簡単にできるようになります。 これは自分の気持ちを見つめ直すという「内観」というテクニックです。

15