どのような退職においても「立つ鳥跡を濁さず」の精神で、 潔く円満退社を迎えたいもの。

剣道や柔道など日本発祥の武道では、 勝負への潔さや相手や審判への礼節、そしてそこから表出される競技者の品格が重視されます。 退職の仕方があまりにも酷いと、損害賠償の請求を考える場合もあるかと思う。 松田社労士事務所 特定社会保険労務士 松田 法子. 【 飛ぶ鳥を落とす】 権力や威勢が非常に盛んなことを言います。

6

「立つ鳥跡を濁さず」の鳥は「水鳥」 「立つ鳥跡を濁さず」の鳥は「水鳥」のことを指しています。

「立つ鳥跡を濁さず」は主に異動、転職、退職など、今働いてる職場を円満に離れる場合に使います。

3

お掃除の時間だけでなく、いろいろな場面で「立つ鳥跡を濁さず」の心を、行動にしてください。 しかしその後、江戸時代のことわざ集では「立つ鳥跡を濁さず」と書かれるようになり、これが主流になりました。

10

いよいよ1学期最後の週を迎えました。 中でも人生の大きな部分ともなる「仕事」「退職」「恋愛」におい、て去る時にするべきことを考えてみましょう。 It is a foolish bird that defiles its own nest. 従業員の突然の退職そのものを防止することは法律上不可能であるし、退職時に大なり小なりお土産を残すケースは少なくはない。

5

これが転じて、立ち去る者はあとが見苦しくないようにすべきであることや引き際が潔いことの意味で使われるようになりました。

18

【出典】 - 【注意】 - 【類義】 鷺は立ちての跡を濁さず//鳥は立てども跡を濁さず 【対義】 //先は野となれ山となれ/末は野となれ山となれ//旅の恥は弁慶状 【英語】 It is foolish bird that defiles its own nest. ・It is simply common courtesy to clean up after yourself. やり残している仕事はないか、未提出の書類はないかなど、身辺整理をできるだけ早めに行い、周囲に迷惑をかけないように心がけることが大切です。

15