他の映画はも参考にしてください。 春日部信司〈28〉 演 - 牧村航の後輩刑事。

12

そのため曾根崎は、仙堂から出演依頼の声がかかった時点で彼に疑いの目をもっていました。

6

この時仙堂を襲ったのは、 遺族の一人、橘の組の構成員である戸田 でした。 この作品は他にも第13回富川(プチョン)国際ファンタスティック映画祭でNETPAC AWARD(最優秀アジア映画賞)、 第50回日本映画監督協会新人賞を受賞するなど、入江悠の名を日本のみならず世界に知らしめることに。 しかし、番組前に動画投稿サイトに「曾根崎は偽者であり、自分こそが本物の連続殺人犯である」とする動画が投稿される。

3

戸田丈〈26〉 演 - 橘組の構成員。 世間の注目が集まる中、ついに曾根崎と仙堂が生放送で対峙。

15

娘の 美晴 は犯人の手によって別の場所に閉じ込められており、この事件で心に大きな傷を負ってしまいます。

14

それは、時効となった犯人を法的に裁くための、決定的なアリバイであった。 その中で一人、曾根崎の様子が変でした。

3

視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。 投稿者も真犯人の正体は知らず、ようやく辿り着いたかのように思えた事件の真相は、再び闇の中へと消えてしまったのです。 牧村はサイン会場で先日追った橘組の戸田を見つけ、彼の発砲から曾根崎を守ります。

19

先を予測させない展開• 震災で亡くなったり傷ついたりしている人たちを残して自分だけ幸せになるわけにはいかないと里香は訴えます。 サイン会の実施 告白本の出版に合わせて、曾根崎は サイン会 を実施。 脚本 - 、入江悠• 第6の事件が時効にならなかった理由とは? 出典: 改正刑事訴訟法の関係で第6の事件は時効の適用外だった 復讐を果たすため、真犯人・仙堂を殺そうとする曾根崎。

6

里香を殺した時のDVDに写っていた東京タワーはライトを消えていた。

18