片や、 「準じる」という表現もあるのですが、これは上一段活用の動詞となります。

19

ただし、全く同じという意味にはなりません。 「従う」は「あるものを基準として」という条件はなく、ただ単に「あとに続く」という意味合いです。 和する、呼応する、声や音が他の声や音に伴って起こる• 「順じる」は誤用 「順じる」と漢字表記するのは間違いです。

しかし、結論から言ってしまうと 「準ずる」の意味で「順ずる」を使うのは誤用です!! 確かに、「順」の漢字は「したがう」と読み、さらに「順番」などの熟語から「次ぐ、下になる」というニュアンスがあると思い、「準」と同じように使ってしまうのでしょう。 俗字とは正確な文字ではないけれど、一般的に使われている文字のことを言います。

20

稽古をしてもらったり教わったりして技術や学問を身につけたり、繰り返し練習して身につけることを指します。 正規なものにならったもの=一つ格下という意味で考えたい。

6

正規なものにならったもの=一つ格下という意味で考えたい。 「準ずる」と「準じる」は、上記のように意味合いの違いはありません。 「準じる」「準ずる」の意味と違いとは 「~に準じる」という言いまわしは、新聞などで時折目にするものです。

4

動詞によって、どの活用を使うのかが決まっています。

10