ing 準レギュラーコーナー「ジーニアス!志村動物公園」。 骨格標本に、というのもどうしようもなくての判断だったのかもしれないなって気がします。 なかでも長男・鴻明氏、次男・迅氏は「イケメン大学生兄弟」としてファンも多い。

5

フェンスで囲われた広大な土地で、長女がラスティに跨り駆ける姿を由紀子氏と鴻明氏が満足そうに眺めている姿も映し出され、 ナレーションでは「ご近所の知り合いが馬のためならと貸し出してくれたのです」と説明されている。 いろんなことがあったときに悩みを聞いてもらってフルの前で泣いたこともある。 「白井家に入ると、あたりには異臭が漂っていました。

3

フルハートは頭と四肢が切断され、胴体からは腸と見られる臓器が溢れ出ている。 迅くんは素朴で優しい子なんです。 果たしてオープンはできるのでしょうか?, 白井家に新しい馬が加わった!そこで新しい馬の名前や、どうして家族になったのかという理由について調査しました。

9

フルハートは30歳で、人間で言うと100歳以上の高齢馬でした。 白井家には、動物の飼育や壊れた設備の修繕などを手伝うボランティアが複数人いる。

さすがに文春の有料画像(3枚)でも 一番生々しいであろう死体の切り口部分はモザイクがかけられていました。 そして死後4日ほど経ってからこの解体作業が行われたというのです。 やっぱりね。

ボランティアがかけつけると 馬の死体はバラバラに解体されていました。 立ち尽くすボランティアに、男性は「馬の脚にロープをくくりつけて馬房から引っ張り出して、1人で解体したんだ」と語ったという。 由紀子さんの指示で、ボランティアがその遺体を運搬させられた」 (2019年12月7日公開 週刊文春デジタル有料記事より) 馬や牛などの死体の解体は、 死亡獣畜取扱場という施設以外で行ってはいけないと 法律で決められており、その 違法性も指摘されているそうです。

これを機会に、 人間本位で亡くなる動物について 考える方が増えるといいなと思います。 そこで彼らは衝撃の現場を目の当たりにしました」ホラーのような内容の記事です。

7

それでも定期的な収入にはならないだろうから、やっぱりお金に余裕はなかったんじゃないかなぁ。

20