まあ最後だから派手なイベントが欲しいなと思って作りました。

1

フォーブレイや、その他、波も落ち着いてきたところで戦力の増強を始める。 ください。

15

絆の異世界に渡るとフィロリアルからハミングフェーリーという魔物に変化する。 かなり食いしん坊で腐ったドラゴンの肉を見た際も美味しそうと言っている。

8

また、元康はマインにより、錬と樹はギルド経由で情報操作されて尚文に対する宗教的迫害に気づかず、冤罪事件はそれを真に受けて誹謗中傷した自分たちも同罪だと理解できず、尚文の名誉回復後も彼に謝罪することは無く自分たちには責任のないことだと考えている。 July 22, 2020• 鍊が敵対した場合は敵にはなるが、錬の性格上行動に疑問やわだかまりを抱えるため、所々首を傾げながら敵対する。

20

槍本人って愚直に他者を信じて突き進む、押しが強い性格なんで本人なりには反省してるんですよね。 四聖勇者とその仲間に変幻無双流を伝授するが、尚文を除く努力嫌いな他の勇者は逃亡。 Web版ではフォーブレイでのタクトの襲撃の際に殿を務め、仲間を逃がすために残り、戦死する。

19

リーシアに対する仲間内での陰湿なイジメにも同調し、ついには「弱いから」という理由 で冤罪にかけて追放しており、それが原因で尚文と対立し、元康よりも軽蔑されるようになる。

16

銛の眷属器を不正所持していた転生者を戦闘技術において圧倒したことで資質を見出され、眷属器の解放後、銛の勇者に選ばれる。 思考も魔物寄りで魔物は戦って強くさせるのが一番と考えており、ラトとは意見がぶつかるも、強くさせる方法を共に模索する同士関係であり、研究の手伝いをしている。

8

その後数か月は大きな出来事がなかったが、突然大量の転生者が波とともに現れる。 盾の勇者の成り上がり ジャンル 、 小説 著者 アネコユサギ イラスト 弥南せいら 出版社 掲載サイト レーベル 連載期間 2012年10月29日 - 刊行期間 2013年8月23日 - 巻数 既刊22巻(2019年6月現在) 小説:槍の勇者のやり直し 著者 アネコユサギ イラスト 弥南せいら 出版社 掲載サイト レーベル MFブックス 連載期間 2014年4月1日 - 刊行期間 2017年9月25日 - 巻数 既刊3巻(2018年8月現在) 漫画:盾の勇者の成り上がり 原作・原案など アネコユサギ(原作) 弥南せいら(キャラクター原案) 作画 出版社 掲載誌 レーベル フラッパーシリーズ 発表号 2014年3月号 - 巻数 既刊17巻(2020年11月現在) 漫画:槍の勇者のやり直し 原作・原案など アネコユサギ(原作) 弥南せいら(キャラクター原案) 作画 出版社 その他の出版社 掲載サイト レーベル MFC 発表期間 2017年8月 - 巻数 既刊7巻(2020年11月現在) 漫画:盾の勇者のとある一日 原作・原案など アネコユサギ(原作) 弥南せいら(キャラクター原案) 作画 出版社 掲載誌 レーベル 発表号 VOL. 川澄 樹(かわすみ いつき) 声 - 四聖勇者の一人、 弓の勇者。

世界を旅してきたこともあり、博識で広い視野で物事を見ており、人間至上国であるメルロマルクの統治者であるが、亜人に対しての差別意識はなく、亜人との共存政策を進めていた。

4