いずれでも健康に害になるとは考えにくいのですが、本来の風味は失われてしまいます。 味付けはいろいろ試しましたが、最後に塩でちょっと塩味を足すくらいの方が、納豆本来の味が引き立ちおいしいです。

賞味期限が過ぎて腐り始めた納豆の変化 納豆の賞味期限が切れて腐り始めると、さまざまな変化が起こり始めます。 発酵も腐るのも菌が増えるという点では同じですが、 身体に害が起きる菌が増えた時が「腐る」、身体に良い菌が増えた時が「発酵」とされます。

14

そしてもちろん、食べたからといって、お腹をこわしたり具合が悪くなったりしたことはありません。 メーカーが容器に指定した期日が賞味期限です。 ゆであずきの缶詰は簡単にお汁粉をつくれる便利な商品です。

13

この状態でも食べることは可能ですが、 風味が落ちているばかりかアンモニア臭もきつくなっています。 研究機関も充実していて、さまざまな納豆の情報がのホームページにあります。 いずれも本来の風味は損なわれてしまうので、お召し上がり頂くことはお勧めできません。

1

では、腐った納豆とはどういった状態のものを言うのでしょうか。

11

見た目が溶けたように水っぽくなって、焦げたようなにおいがするときや、アンモニア臭に加えて腐敗臭がするときは腐っていると判断して捨てた方がいいでしょう。

18

無害ですが美味しいものではないでしょう。 アミノ酸はタンパク質の構成要素で、なのでカラダにとっては大切な栄養素。