なぜヒロインに彼女が選ばれたのだろうかと疑問でした。 キュンキュンして、ドキドキして、ハウォンにエールを送り、涙して・・この作品はとても良かったです。 一度はそのバイトを断ったものの、継母から家を追い出されて行く当てがないハウォンは、御曹司たちが住むというハヌルの家に乗り込むことを決意します。

16

そして、氷のように生きてきた自分を見て「かわいい」となでなでを行ったり… 「おじさん、自分のために生きて見たことがありますか?」 結局・・・ ハウォンの言葉にユンソンは、人生の根元まで揺れる経験をすることになる。

14

ちょっと苦手な役柄でした。

小さい頃からヒョンミンだけを思い続けていたヘジ。 制服に着替えたハウォンに、ヒョンミンは愛を告白するも、ハウォンはそれを断ります。

ハウォンは父親の不在が多く、継母と義姉にこき使われ、自分の部屋は家のベランダでした。 誰もが憧れる財閥・ハヌルグループのカン会長(キム・ヨンゴン)からのバイトの提案…それは自分勝手な御曹司3人の改造計画だった!?一度はそのバイトを断ったものの、継母から家を追い出されて行く当てがないハウォンは、御曹司たちが住むというハヌルの家に乗り込むことを決意する。

テンポの良いストーリーに、切なさとトキメキと胸キュンがたっぷり詰っています。

16