プラグインハイブリッドモデルもあるので、予算に余裕があればかなり燃費のよい車が手に入りますよ。 また、走行中、停車中いずれもエンジンの発電でバッテリーを充電できる仕様です。 また、マイナーチェンジ等で燃費性能が現行型とほぼ変わらない場合は、マイナーチェンジ前のモデルを掲載する場合がある。

3

第4位「VW cross up! 4位は、スズキ ハスラーのノンターボモデル。

旧モデルとなったばかりの先代のホンダフィットもハイブリッドモデルがあり、19. 2kmを実現していますし、車体が軽く燃費を稼ぎやすい軽自動車は37. なお、それぞれの燃費レポートへのリンクと、車種の概要を見たい方は、ページの最下部までスライドされたし。 ただし、前述したハイブリッドはバッテリーやモーターのサイズが大きく、多くの車種がエンジンを掛けずにモーターのみで走行できる「EVモード」をもつ、もしくは自動的にEV走行に入る場合がある。 各車種の詳細については、以下をご覧ください。

e-POWERと呼ぶシリーズ型ハイブリッドシステムを搭載し、モーターが主役の斬新な走りが印象的です。 6位:RAV4からさらに進化を遂げたトヨタ「RAV4 PHV」 出典: 2020年6月に発売がスタートした、トヨタ「RAV4 PHV」が6位にランクインしました。 同カテゴリーではシエンタとフリードの2強となっているため、必然的に比較対象が限られてしまう。

2

ダイナミックフォースと呼ばれる高効率のエンジンの採用により、優れた燃費性能を実現していることと、いかにもセダンらしいスタイルも魅力です。 安定した走行性と乗り心地の良さでバランスがいいクラスです。 他シーンでの燃費は公開されていません。

5

燃費のいいSUVを長く乗り続けたいのであれば、ディーゼル車とハイブリッド車がおすすめです。 スポーツカーというと、ハイオク燃料を惜しみなく燃やしてとことん走りを楽しむもので、低燃費という言葉とは無縁のものと思われました。 王道のハイトワゴンであるワゴンRは23. スタイリッシュなフォルムで、 ダイナミックながらも洗練された走行を実現しています。

8

実燃費が良い• 0 2019年11月時点で、コスパ最強の中古車は上記の5台です。 これは、運転履歴の分析、下り坂や渋滞を先読みすることなどによって最適のタイミングで充電がなされるシステムです。 燃費だけならどの車もハイブリッド車並みです。

12

実際に試乗テストなどで実燃費を何度か計測したことがあるのですが、このマイルドハイブリッドシステムを搭載したスズキ車はライバルたちよりも好燃費です。

15