もちろん、理想は「巧速」であることに間違いはありません。 仕事に粗さは "多少"残っても、処理スピードを高めることを心掛けましょう。 拙速の対比的な意味の巧遅 拙速には、反対の意味を持つ「巧遅」という言葉があります。

音読みは「そく」ですが、訓読みだと「はやい」「すみやか」と読みます。 考えるべき所はしっかり考え、すぐに終わらせることは終わらせるようにすることで、より良い物が早く作れるようになります。

16

矛盾への挑戦 お客さまや上司から命じられた仕事はすぐに取りかかることです。

1

ビジネスの場では、提案書や企画書など時間をかけようと思えばいくらでもかけることができるものを、改善の余地があることを承知の上で、敢えて速い段階で一度仕上げて提出することを指しています。 People nowadays have come to prefer rough and ready work to elaborate perfection. 「 巧遅は拙速に如かず」と言うように、仕事はさっさと終わらせなさい。

にらみながら、タバコ Peaceの缶を投げる素振りをするw 私の懐かしい思い出話でして 「拙速は巧遅に勝る!」は、 波及効果の高い考えであることを身をもって知った経験でした。

5-2.兵は拙速を尊ぶ(へいはせっそくをたっとぶ) 「兵は拙速を尊ぶ」は「 少々まずい作戦でも、素早く行動して勝利を得ることが大切である」という意味のことわざです。 」 「できたことは認め、できなかったことはどうしたらできるか?を考える。 『孫子・作戦』に「兵は拙速を聞くも、未だ巧の久しきを賭ざるなり(部隊を動かすのは、戦術がよくなくても迅速であるほうがよい。

19

ビジネスシーンなどでもよく使う言葉なので意味や正しい使い方は頭に入れておいた方が良いでしょう。 「拙速な判断」という言葉は速さが求められる時や、速いのはいいがつたなすぎるのを責める時に使われます。

16

ちなみに「巧遅は拙速に如かず」と「拙速は巧遅に勝る」は 両方ともに同じ意味になりますね。

18

しかしそれは、とても勿体ない事ですね。 急いで作業を終わらせなくてはいけない時、建設作業などあれば「急造」の言葉が使われるでしょう。 スピードこそ、信頼です。