「やすらぎの郷 La Strada」の職員 [ ] 名倉みどり(なくら みどり) 演 - 「やすらぎ財団」総務理事。 登場人物 [ ] 『道』 [ ] 劇中の設定では、『道』の物語の登場人物を演じるのは栄が思いのままに構想した人々で、郷の入居者や職員もその中に含まれており、栄自身は「やすらぎ一座(ないしは、やすらぎ劇団)」と呼んでいる。 加納が亡くなった前後頃、栄が東北へ旅に出る事を知り「同行させて下さい」とメールを送ってきた。

思いつきで「郷内の噂が出回る速さを確認する」などと称して「名倉みどりは加納英吉の娘ではなく愛人である」との作り話を流し、みどりを怒らせてしまうも、「ねぇ」の一言でさらに怒らせてしまう。 第12週 [ ] 四宮 道弘(しのみや みちひろ) 演 - 「シノ」の愛称で人気の若手俳優。 世間体を気にした鮫島家の意向で村外れの粗末な小屋に一人で隔離され、訪ねて来る者もおらず、治療も施されずに、ただ寝かされている状態だった。

2

ある日、父に反発し、家出をして公平らを頼ってくる。 草刈麻有さん 年齢は全く違うけれど、同じドラマ「やすらぎの刻~道」に出演されていらっしゃるので倉本聰さんが押している女優さんってことですよね。 トレーニングジムの常連。

彼の状況を目の当たりにした、冴子とマヤに連れられて「カサブランカ」に場所を移したが、話し合いは決裂し、冴子からは「あなたたちは甘い」と諭される。 栄が酔った翌日、『手を離したのは私』の作者が自分でなく彼氏である羽村のものであると告白、彼と共に土下座していた。 子沢山で貧しい。

6

いよいよ8日からスタート? 「郷」のファンの方が圧倒的に多いから、3週目でいきなり戦前の山梨の山の中の話になって、しかもオーディションで合格したフレッシュといえば聞こえがいいけれど、馴染みのない俳優ばかり出てくる。 その直後、凉子から電話で呼び出され、「山家」で摂子の容態などについて語り合う。 その話はマヤ本人から聞いたとのことで居場所も知っていた。

・ 「大納言」岩倉正臣(いわくら・まさおみ)=山本圭 通称「大納言」。

12