例えば、 周りに宣言するとか良いですね。 しかし、WEBサービス開発に使用するプログラミング言語(RubyやPHP)を使用する場合は、話が変わってきます。 」 最初、月報?というと会社の上司への報告みたいと 思ったのですが、エンタメさんの月報報告というのは、 会社とは全然違いました。

20

プログラミングの勉強も全くしていなくて、まずは環境を変えようと思って情報科の大学に入ったんですが、大学の勉強だけでは全然足りないと思ったんです。

15

それによって、これまでの人生を大きくピボットし、今後のキャリアに大きなレバレッジをかけられる点で言えば全然安い買い物ではないでしょうか。 (よく学生さんも 「勉強垢(勉強用アカウント)」を 作っている人がいますよね!) ネットを使わなくても、 誰かに宣言する形でもいいですし、 家族にちらっと話すのもいいと思います。

3

値段は60万円ほどで、決して安くはない値段ですが、 やらざるを得ない環境と勉強にかける時間を買うことができます。

20

出張のたびに、 本が、それこそ大量に読めるんです。

13

それなら早めにその環境に身を置いてしまったほうが、無駄な時間を使わずに済みます。 そうやって自分を追い込み、 自分が成長せざるを得ない状態にする! すると、 結果が出ないはずがないのですね。 では、また明日!Keep showing up! 菅野一勢の講義『動かざるを得ない環境に飛び込む』 どうも、菅野一勢です! 今日は『「他力本願」で金持ちになる人 「自力本願」で貧乏になる人 著者:菅野一勢 』 から【動かざるを得ない環境に飛び込む】 というテーマでお話していきたいと思います。

これはこのままだと本当に、英語勉強しないだろうな・・・ こんなときは、やはり、やらざるを得ない環境作りです。

5