主観はいかようにも変えられます。 日本アドラー心理学会認定カウンセラー・顧問。

アドラーは全ての人間関係を 「横の関係」にすることを提唱しています。 ここには大小さまざまな不満はあるにせよ、レールの上を走っている限りにおいて、道に迷うことはありません。

11

9,891ビュー 投稿者:• 本のテーマはここでお話しした通り大部分が人間関係のことですが…。 736ビュー 投稿者:• 大正解。 書籍のライティング(聞き書きスタイルの執筆)を専門とし、 ビジネス書やノンフィクションで数多くのベストセラーを手掛ける。

4

これが世間の常識です。

3

嫌われる勇気 アドラーは心理学者です。

9

競争相手ではなく仲間だと見方を変えるだけで、この世は「自分にとって安心できるフィールド」に変わり始めます。 ここで課題の分離を使えば、どれだけ上司が理不尽な怒りをぶつけようとも私には関係ないと思うことができるのです。

それは普及してきたことの証左でもあるのですが、やはりずいぶん誤解されているという思いが強くなりました。

これは相手のコミュニケーション手段を冷静に捉えて、一歩引いて落ち着いた(冷めた?)視点で考える方法が本書に記載されているからです。

20

この「 課題の分離」はアドラー心理学ならではの視点です。

8